×
HOME>特集>二人の理想通りのすばらしい結婚式にしよう

和装への憧れと格調の高さが人気です

以前は圧倒的に教会式の挙式が人気でしたが、最近は戦前式を選択するカップルが増えてきています。白無垢や黒引き振袖といった和の衣装への憧れと格調高い神殿での挙式スタイルが人気の理由かもしれません。神前式の挙式は独特な所作が多く緊張する場面も多々あるかと思いますが、事前に神社からの丁寧な説明があるので大丈夫です。式次第としては、新郎新婦や親族が本殿に向かう参進の儀から始まり、神前への入場、神職の祓詞(はらいことば)へと続きます。それから祝詞奏上の儀と三々九度の盃、そして指輪の交換があります。その後、新郎新婦の誓いの言葉である誓詞奏上が行われ、玉ぐし拝礼の後に巫女の舞と親族盃の儀、最後に斎主の挨拶があり退場となります。

会場選びのポイントをおさえておこう

このような和の式次第が厳かな雰囲気を一層盛り上げている神前式ですが、一生に一度の挙式なので会場選びはとても重要です。神前式の挙式は神社の中の神殿、または結婚式場やホテル内の神殿で行うことができます。地元ゆかりの神社や伝統ある神社の神殿を利用するのも素敵ですし、美しい庭園などがある式場内の神殿を選ぶのも良いでしょう。天候や招待客のアクセスなどを考慮してホテルや式場の館内神殿を選ぶケースもあります。最近の和婚人気から館内の神殿を改装したり新設したりするところも増えているので、ブライダルフェアなどで実際に見学してみるのも良いでしょう。